盛れるヌーブラの付け方

ヌーブラで胸を盛るには、付け方にちょっとしたコツがあります。

 

簡単ですがそのポイントを抑えてないと、「ヌーブラをつけても全然盛れない…」とがっかりすることに。

 

すでにヌーブラを持っている方も、これから買う予定の方も、上手なつけ方をマスターすれば、キャバ嬢のようなプロっぽい丸い盛り胸が、簡単にできちゃいます!

 

それでは早速、盛れるヌーブラのつけ方を順番にチェックしていきましょう!!

 

ヌーブラをつける前に肌を綺麗にしておく

お肌をきれいに

ヌーブラをつける前に、お肌をまっさらな状態にしておくのは超重要です。

 

汗で肌が濡れていたり、ボディクリームなどで油っぽくなっていると、ヌーブラの粘着力がかなり落ちてしまいます。

 

乾燥した清潔な肌じゃないと胸を寄せる力が弱まってしまうので、お風呂に入ってとまでは言わないけど、タオルなどで綺麗に肌をふき取っておくこと重要です!

 

片方ずつが鉄則!カップをくるっと反らして…

ヌーブラは絶対に片方ずつつけたほうが上手に盛れます。

 

さらに、写真のようにカップを反対に反らして持つことで、粘着面全体に肌を密着させることができるので便利♪

 

胸の外側から縦方向をイメージしてつける

フロントホックが自分のおへそに向かって行くイメージで、少し縦方向にくっつけるのがポイント。

 

ヌーブラは「縦付け」を心がけるだけで、谷間の出来栄えが変わります!

 

「特盛り」にするには、胸の外側にある脇肉をカップの中に入れ込むようにグイッと引き付けてから、「外寄りのアンダーよりやや下め」にくっつけるのもコツ。

 

ホックを留めてから、脇肉をさらに入れ込む!

まずはフロントホックをゆっくり留めます。

 

そのあと、カップの上半分を少しめくって、カップに入りきらなかった脇肉をもう一度グイッと入れ直します。

 

これをすることで、デコルテがきれいに盛り上がった丸いラインの谷間をつくることができるんですよ。

 

最後に、はがれないように上からヌーブラを押さえるように密着させて完成です♪

※ヌーブラやシリコンブラの商品の特徴によって付け方の違いがあるので、各商品の公式サイトに掲載されている「付け方」のページを確認しておきましょう。「よくある質問」や「Q&A」などのページに書かれていることもあります。

 

 

くっきり谷間を選ぶなら…

リアルな質感を選ぶなら…

 

 

はじめてでも安心!

盛れるランキングへ